このページのトップへ
ホーム » 【植木植物園】ナショナルプランツコレクション » 【ナショナルプランツ コレクション】カキツバタ

【ナショナルプランツ コレクション】カキツバタ

カキツバタ Iris laevigata


日本産のアヤメの仲間(イリス属)は7種。そのうち万葉の時代から楽しまれているのが本種である(アヤメは平安時代、ハナショウブは江戸時代)。その割に園芸品種は少なく20品種ほどが知られているに過ぎない。弊社では15種ほど育てている。
またこの仲間は湿地に生育するイメージが強いが、湿地または水中で育つのは本種のみである。
カキツバタと有名なアヤメやハナショウブは混同されがちだが、花、葉、花茎などで容易に区別できる。ちなみに花の区別点は、下の花弁の中央部に、基部から白い筋が入ることである(アヤメは黄色の着色と網目模様で、白花は黄色の着色のみ、ハナショウブは黄色の筋)。開花時期は5月中下旬(アヤメは5月上中旬、ハナショウブは5月下旬から6月)。


取扱園 確実園園芸場(茨城県)
問合せ先 TEL:029-872-0051 川原田邦彦
※ナショナルプランツ コレクションとは、世界的に価値のある植物の種・品種等を属のレベルで集め、植物の多様性の維持や希少種・絶滅危惧種の保護に役立てる事を目的としたコレクションです。


ClipboardImage
上原
ClipboardImage
もろこし舟
ClipboardImage
カキツバタ’蒸れ鷺’
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
5/17

ゴヨウツツジ