このページのトップへ
ホーム » 各地からのお知らせ » 2つの潮入式庭園

2009/01/152つの潮入式庭園

浜離宮は、海水を引き入れて池泉をつくった潮入式です。
江戸時代には、浜御殿と呼ばれ、将軍家の別邸でした。
また幕末には、外国人接待所が置かれて、いわば「海の迎賓館」でした。
現在整備工事が進められています。

さて浜離宮に隣接する築地市場には、江戸時代にもう一つの潮入式庭園がありました。
旧白河藩主松平定信が作庭した、浴恩園です。江戸時代の絵図には、春風の池と秋風の池が描かれており、江戸時代屈指の名園とされています。
定信は、白河では日本最古の公園とされる南湖を作庭しています。

浜離宮が整備されて、もし浴恩園が復元されるならば、海の迎賓館として、国際都市をめざす東京の表の顔となることでしょう。

写真1:イロハモミジと浜離宮庭園
写真2:浴恩院の秋風の池
写真3:お台場のイロハモミジ

(有)仲田種苗園
http://www.eco-plants.net


200901151545073dcf8b99B.jpg

200901151545073dcf8b99C.jpg

200901151545073dcf8b99A.jpg
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
7/13

リョウブ