このページのトップへ
ホーム » 各地からのお知らせ » モミジの垂直分布

2007/11/12モミジの垂直分布

イロハモミジとオオモミジは、標高によって分布が異なります。

東北新幹線「新白河駅」から青生野ガーデン倶楽部にいたるルートにある、久慈川支流の渡瀬川は、モミジの垂直分布が典型的に見られます。

写真1:標高450m(福島県鮫川村関下)
イロハモミジが優先する暖温帯照葉樹林帯

写真2と3:標高500m(鮫川村越虫):イロハモミジとオオモミジが共生する。
暖温帯照葉樹林帯と夏緑広葉樹林帯の交差地帯
写真3の黄色葉はオオモミジ、紅葉はイロハモミジ。

写真4:標高550m(鮫川村青生野)
オオモミジが優先する夏緑広葉樹林帯。


200711121657223c27acddA.jpg

200711121657223c27acddB.jpg

200711121657223c27acddD.jpg

200711121657223c27acddC.jpg
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
7/23

タラヨウ