このページのトップへ
ホーム » 各地からのお知らせ » 究極のモミジ

2006/09/05 究極のモミジ

細川ガラシャ夫人は、明智光秀の娘ですが、秀吉や家康の味方をした細川忠興に嫁ぎ、尽くして、波乱の人生を送りました。

京都・大徳寺高桐院には、忠興とガラシャの墓がありますが、現在は「通」に知られた紅葉の名所です。

竹林に囲まれた高桐院の名園は、イロハモミジを中心にしています。
高桐院のイロハモミジは、限られた光の中で、余分な枝が淘汰されて、幹に趣があり、枝先が柔い、究極のモミジです(写真1.2)。

福島県白河市の郊外の雑木林の中で、私たちの仲間が育成したイロハモミジは、高桐院と同じく、趣のある幹や柔らかい枝先など、畑では作れない、究極のモミジの極上品です(写真3.4)


200609051950373c27ac35A.jpg

200609051950373c27ac35B.jpg

200609051950373c27ac35D.jpg

200609051950373c27ac35C.jpg
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
7/13

リョウブ