このページのトップへ
ホーム » 各地からのお知らせ » ネオジャポニズム

2006/08/17ネオジャポニズム

19世紀末、ヨーロッパ人を魅了したジャポニズム。
浮世絵、そして日本在来の植物。

1世紀を経た今、日本本来の美の見直し、ネオジャポニズムが、日本国内外で大きな潮流となりつつあります。

写真1は、ウィーンのネオジャポニズム展で入賞した八巻女史の作品の一部です。
アジサイの花びらを使って、描かれています。

写真2と3は、アゼターフです。
アゼターフの野草はすべて日本在来種です。

幾何学的、メタリック的な現代建築との対比でこそ、アゼターフの優美さが映えます。

またアゼターフは、現代建築に、安らぎや癒しという付加価値をつけます。

アゼターフは、ランドスケープのネオジャパニズムです。


200608172016247daeb6baC.jpg

200608172016247daeb6baA.jpg

200608172016247daeb6baB.jpg
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
7/13

リョウブ