このページのトップへ
ホーム » 植物園探訪記
昇順表示 | 降順表示
«前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ»
 今回は、鳥取県西伯郡大山町にある(有)田宮園芸さんを訪問させていただきました。大山町は米子市の東隣に位置し、町の名前の由来である大山は、中国地方で最高峰の1,729m、中国山地から離れてそびえるので、伯耆富士とも呼ばれる名山です。北は日本海に面し、南には大山がそびえるそんな大山町、そのほぼ中央に今回の(有)田宮園芸さんの圃場はありました。
ClipboardImage
 圃場は、日本海にも近いという立地から落葉樹の生産が多いのでは?というイメージを勝手ながら抱いておりました。そのイメージをいきなり壊されたのが、訪れてまず目に飛び込んできた、イチゴノキでした。イチゴノキは初冬に花と実を同時に楽しめるという常緑樹で、耐寒性はありますが、日本海側の鳥取という地で雪による枝折れがないかと心配したのですが雪に対しても耐性があるということです。鳥取におけるイチゴノキの生産は全国的にも早く、その証拠に樹高5m以上はある大きなイチゴノキ(写真)がこの田宮園芸さんにありました。もう1つ大きく目立つ樹種としてあったのがスカイペンシル(写真)です。大きく立派なものが何十本とありました。そのほかにも変わった樹種として、常緑樹でヒメハマヒサカキ、シイモチ、落葉樹もベニスモモ ベイリーズセレクト、そのほかスティパ類などもありました。また最近力を入れているというエスパリエも見せていただきました。樹種は果樹を選び、サクランボなど何種類かありました。このエスパリエは翌日訪れたとっとり花回廊にて展示されており幅3m以上ある見ごたえのあるものがありました。
 落葉樹だけでなく寒さや雪にも強い常緑樹をお客様に見せることを意識した圃場づくりがされていると感じました。皆様も是非お越しいただきますようお薦めさせていただきます。
 以下 園主 の 田宮義徳 さんに伺いました。


今回は、熊本県阿蘇市にある古閑樹苗園さんを訪問させていただきました。熊本駅より、車にて約1時間、雄大な阿蘇山の麓に社園はありました。
圃場は、自然の形状を生かしたまさしく里山で、樹木を眺めながら、楽しめる雰囲気でした。随所に看板が用意されたり、樹木名を表示してあったりとわかりやすく、一般の方でも楽しめると思います。
季節ごとに訪れても、楽しめるのではないかと思います。
園主の古閑勝憲さんに伺いました。



■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。
広く地元の業者や、一般のお客様への知名度を高めるためです。

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
雑木の仮植場を自然の林のように密植し、畑(圃場)も、丘あり、谷あり、と自然の中にいる様にし、造園の参考にもなるような仮植をしています。
ほとんどの木に樹名板と、造園業者さんに単価が分かるよう、かくし数字を入れています。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
消費者の皆さんが魅力を感じることが出来る植物園づくりの勉強会

■来園者への一言をお願いします。
ご来園ありがとうございます。
四季折々の植物を見て触れて楽しんでお帰り下さい。
 


ClipboardImage
樹高5.0m以上あるイチゴノキ
ClipboardImage
スカイペンシル群
ClipboardImage
セダム・グランドカバー類の生産
ClipboardImage
エスパリエ技法によるオリジナル果樹鉢
植物園情報 田宮園芸
社園情報 詳細はこちら
今回は、熊本県阿蘇市にある古閑樹苗園さんを訪問させていただきました。熊本駅より、車にて約1時間、雄大な阿蘇山の麓に社園はありました。
圃場は、自然の形状を生かしたまさしく里山で、樹木を眺めながら、楽しめる雰囲気でした。随所に看板が用意されたり、樹木名を表示してあったりとわかりやすく、一般の方でも楽しめると思います。
季節ごとに訪れても、楽しめるのではないかと思います。
園主の古閑勝憲さんに伺いました。



■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。


植木を生産して30年。
お客様から求められるものは、樹形が整い、まっすぐで下枝のあるもの…。それはもちろん役所用樹木に必要な要素です。
しかし一方、里山に自生するあるがままの姿にこそ樹木本来の良さがある気がして、その良さを少しでも多くの方に知って欲しいという思いがありました。
そんな時に日本列島植木植物園事業が発足し、自然形の樹木を使って「古閑の雑木林」を作ってみようと思いました。
少しでも多くの方に雑木の良さを伝えていく事が、当社の喜びでもあり使命だと感じております。
ClipboardImage

■参加されての感想はいかがですか。
雑木の良さをわかってもらうには、現物を見てもらうのが一番。言葉での説明や写真よりも説得力があります。

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
やはり阿蘇の在来の雑木を活かした点だと思います。
また、散策する中で「感じる」をテーマにしたゾーンを設け、この地の歴史や会社の歩み等と植物園を絡め、看板で案内しておりますので、より植物園を楽しみ「感じて」いただけたらと思います。

■定期的な催し・イベントはありますか。
植物園の存在をより多くの方々に知って頂くためにも、今後私どもも何か企画していきたいと検討しております。
できたら植物園をながめながら、当地の山水でいれたコーヒーでも飲めるような喫茶店、もしくは当地生産のそばを食べられるようなそば屋を作ることが出来ればいいなと思っています。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
テレビや雑誌など、メディアを通じてのアピールをもう少し行っても良いかと思います。
まずは、より多くの人に植物園の存在を知ってもらうことが大事だと思います。
また、全国で日本列島植木植物園事業に参加している方すべての植物園において、統一のイベントを企画するのもいいのではないかと思います。

■来園者への一言をお願いします。
季節ごとに違った趣を見せてくれる雑木林に、ぜひ何度もおいで下さい。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
随所に設置された案内板で来園者が楽しめるように工夫されている
ClipboardImage
園内からの素晴らしい眺め
ClipboardImage
里山をイメージさせる園内
ClipboardImage
阿蘇の在来の雑木を活かした園内
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
 ガーデニング専門店の木楽ファームを訪問させていただきました。
5,000坪の店内は、細かく売り場が分かれており、わかりやすく、とてもきれいでよく管理された売店でした。松居さん親子にお話をうかがいました。



■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。


 松居農園の卸部門から分離し、木楽ファームと言うガーデンセンターを営業することで、一般の人々に四季を通して、植物の名前や特性(開花時期等)をより一層楽しみながら理解して頂く場所を提供するため。

■参加されての感想はいかがですか。

 参加当初は日本列島植木植物園の宣伝効果で来園があったが、最近は少ない。
ClipboardImage
■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。

 当園はガーデンセンターとして木や花を楽しむ事を目標としていますので、珍しい植物や造園資材を提案し展示販売を行っています。また、地域性苗木を生産し、自然を学びながら、地域と社会に貢献することが私たちの願いです。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 各社園の生産状況の連携プレイを密にすることを望みます。

■来園者への一言をお願いします。
 当園は植物の知識の豊富なスタッフが在中していますので、御遠慮なく御質問していただければ幸いです。ご来店をおまちしています。
ClipboardImage
ClipboardImage
整理整頓された花苗売場
ClipboardImage
コニファーの売場
ClipboardImage
良く管理されたバラと地被植物
ClipboardImage
生垣・シンボルツリーの
露地圃場売場
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
 今回は、滋賀県守山市にあります株式会社中西園材さんを紹介します。
 38,000平方メートルの敷地に、植木部・石材部・資材部・エクステリア部の4つの部門があり、造園やガーデニング商品が何でも揃う会社です。お客様に満足していただける材料の提供を最優先に考えられています。
 広大な敷地を歩いて見学させていただきました。
 代表取締役の中西肇様に伺いました。
 


■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。
地域貢献になるのではと思った為です

■参加されての感想はいかがですか。
まだ日本列島植木植物園の事を全く知らない人がほとんどであるという事です。
ClipboardImage
■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
品揃えが豊富な事、見本展示場があることです。

■定期的な催し・イベントはありますか。
フェアー・セールをしています。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
全国版でのPRをもっとし、知名度を上げてほしいです。

■来園者への一言をお願いします。
参考になる御意見をお聞きしたいです。
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。
自分の社園で生産している樹木の畑をアピールするために参加をしました。

■参加されての感想はいかがですか。
他の参加社園のお話や取り組みを聞くことができて今後の自社園での活動の参考になります。
ClipboardImage
■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
EU諸国に輸出する五葉松やチャボヒバなどが特徴・見所になっています。

■定期的な催し・イベントはありますか。
特にこれといったイベントはしていません。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
参加社園間の生産情報などについて、充実をして欲しいと思います。

■来園者への一言をお願いします。
<あなたの植木を一緒にさがしましょう!>


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。
自分で生産している樹木をいろんな人に見てもらいたく もっと自分のネットワークを広げて今後の仕事に繋がればと思い参加させてもらいました。

ClipboardImage
■参加されての感想はいかがですか。
ナショナルコレクションのアジサイ会に参加していますが、先輩方の貴重な意見を聞けたり、雑談のなかでも気がつかなかったことが判ったりして仕事も楽しくなってきそうです。

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
 ソヨゴの変り種を数年前から選別しはじめています。

■定期的な催し・イベントはありますか。
イベント的なことはやっていません。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
仲間をもっと増やして、その地域ならでは・・・といった情報交換があると
面白いですよね。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。
もともと種類が多く、私設の植物園がやりたかった。

■参加されての感想はいかがですか。
まだリストも出していない、何もしていない状況

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
 日本の品種が多い。

■定期的な催し・イベントはありますか。
 季節の展示会(クリスマスローズ、ユキワリソウ、エビネ、フジ、アジサイ、ナンテン等)。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 各社園のナショナルコレクション化。

■来園者への一言をお願いします。
 もう少し品種にこだわってほしい。お互いの挨拶。
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。

 オリジナル生産、販売を確立して新しい植木業の方向性を探りたいのがまず一点、 もう一つは、地域の中で緑の生産にかかる知識を公開し、相互理解を深めたいという理由で参加致しました。


ClipboardImage
■参加されての感想はいかがですか。
 自社のPRが積極的でなかった為か、見学に来られたお客様は少ないです。


■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。

 特徴としては、地理的に日本の真ん中にあたる中部ということで、東の植生と西の植生のちょうど狭間、自生種、たとえばシデコブシ、ヒトツバタゴ、ザイフリボク、クロソヨゴ、シロモジ、マルバノキなどの樹種を中心に、東の落葉樹、西の常緑樹、そして日本の風土に合った外来種に及ぶ多品種を少量ではありますが展示しておくことにより、お客様のよりニーズに合う樹種を見つけるお手伝いができればと考えております
ClipboardImage
■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 参加社園の増加と、植木のポータルサイトとして情報ネットワーク・コンテンツの拡充。

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
 トピアリーの生産(イルカ、クマ、ウサギ、ペンギン、スワン)、造形物(スパイラル等)


ClipboardImage
ClipboardImage
■定期的な催し・イベントはありますか。
 何年か前は春(ゴールデンウイーク)に小売をやっていましたが今は行っていません。ただホームセンター、農協売店にて小売販売を行っています。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 さらなるPRをして頂き植木生産者の技術、規模の凄さを一般の人に認識してもらいたいです。

■来園者への一言をお願いします。
 まずは気軽に来園してください。感動、驚きが必ず待っています。


ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。

 これまでは全国各地に点在していた植木屋が、日本列島植木植物園の1つの大きな構想の下に集うことにより今までの植木協会にはなかった大きな流れを感じました。
 また、インターネットという、日本中はもちろん、世界中の情報が簡単にやりとりできる、そのフィールドに日本列島植木植物園という看板を掲げ、時代というもっと大きな流れを感じることができる場だと思ったからです。

ClipboardImage
■参加されての感想はいかがですか。
 昨年より、ホームページを本格的に始動させ、植木植物園ホームページの「各地からのお知らせ」にもちょこちょこ投稿させていただき、ようやく植木植物園とのリンクが活用できるようになりました。
 年1回の植物園の視察にも昨年(大阪・兵庫)参加させていただきました。お客様に見られるということで、樹木を見せる工夫や管理、販売など実際に目で見て非常に勉強になりました。


■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。

 特徴としては、地理的に日本の真ん中にあたる中部ということで、東の植生と西の植生のちょうど狭間、自生種、たとえばシデコブシ、ヒトツバタゴ、ザイフリボク、クロソヨゴ、シロモジ、マルバノキなどの樹種を中心に、東の落葉樹、西の常緑樹、そして日本の風土に合った外来種に及ぶ多品種を少量ではありますが展示しておくことにより、お客様のよりニーズに合う樹種を見つけるお手伝いができればと考えております
ClipboardImage
■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 参加社園の増加と、植木のポータルサイトとして情報ネットワーク・コンテンツの拡充。

■来園者への一言をお願いします。
 四季折々の樹木たちの移りの変わりの中にきらっと輝く何かが…。


ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。

当園は、「日本列島植木植物園」という制度がスタートする以前から植物見本園として観光客を含めた一般の方々に広く庭園を開放していましたが、当社も協会員であるという事と、「各地域における、緑や自然に対する社会貢献・種の保存・日本古来の樹芸文化技術の伝承保持・独創性等を目的とし、児童達の緑や花に対する学習園や、地域社会における憩いの場、また地域に適した植物を専門家のアドバイスのもと購入できる場として一般の人々に利用してもらおう」というコンセプトに賛同したので参加させていただきました。また、これを機会に見本園(有料)だけでなく、苗畑(無料)も開放しております。

ClipboardImage
■自社園の特徴と役割とは何ですか。
 当園の植物園としての特徴は、マイナス25℃でも育つあらゆる植物のコレクションが見られるということです。これらは昭和30年代より試行錯誤を繰り返しこの地に根付いた植物たちであり、我々スタッフは数々の失敗した経験を基に自信を持って、この地に適した樹種の選定や利用法などを、地域の方々にアドバイスすることができます。また、地域の学校や団体等にインターンシップの受入れや校外学習、各種教室の開催など幅広くこの制度をご利用いただいております。

■自社園の見所は何ですか。
 真鍋庭園見本園の広さは24,000坪。日本庭園・西洋風庭園・風景式庭園で構成され、回遊しながら庭を楽しむ事ができます。
 植物のコレクションは、年々増え続けています。それらは厳しい気象条件のもと、園内で大切に管理・育成されています。
 真鍋庭園の象徴であるコニファーや、色とりどりの落葉樹、開拓以前から残る古木なども多くあり、森林浴を満喫することができます。
 樹木のスケールに目を奪われがちですが、めずらしい花や実の成る植物・宿根草・山野草も随所に在り、季節に彩りを添えています。
 紅葉もまた魅力のひとつ。様々な樹種が織り成す色合いは、まさに百花繚乱。晩夏から初冬にかけ私たちの目を楽しませてくれます。
 地下350mより自噴する14℃の泉は、真冬でも凍ることがなく日本庭園の滝口に始まり庭中の池泉を潤し、鯉やニジマス・野生の鳥や動物達にとっても、やすらぎの場所となっています。


ClipboardImage
ClipboardImage
■定期的な催し・イベントはありますか。
*当社ガーデンセンターにて寄植え教室・クリスマスリース教室を定期的に開催。
*当庭園にて、野鳥や昆虫・野草等の自然観察会を定期的に開催。
*6月には年に一度の「セール」を開催。
*その他「ファンクラブ会員」の為のイベントを不定期に開催。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
 日本全国各地に「日本列島植木植物園」が広がり、ガーデンアイランドの早期実現を期待します。

■来園者への一言をお願いします。
 開墾からまだ百数十年しか経たない十勝・帯広という土地にあって、昭和41年から造りあげてきた真鍋庭園。その庭づくりは、古くから伝わる日本の伝統技術と、次々と導入される新しい植物によって、刻々と変化・拡張を続け、終わりというものがありません。北海道に於ける新しい庭園のかたちをごゆっくりお楽しみ下さい。


ClipboardImage
ClipboardImage
訪問日
訪問者
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
昇順表示 | 降順表示
«前のページへ || 1 | 2 || 次のページへ»

ホーム » 植物園探訪記
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
11/25

ソヨゴ