このページのトップへ
ホーム » 植木協会の取組み » 緑育出前授業
t">
緑の大切さを伝え育む活動伝え育む活動

r.txt">
緑育育
>
t">
〜はじめませんか、緑育〜 鵑、緑育〜

緑は人類や動物、全ての生き物にとってかけがえのない存在です。とってかけがえのない存在です。
減澆任后す。
/>しかし、緑は地球規模で無くなっています。それではどうすれば良いのでしょう。后それではどうすれば良いのでしょう。
い里任靴腓Αょう。
/>まずは「木を育て、緑は育てることが出来るということ」 を私たちが知ることではないでしょうか。それがすべての始まりとなり、緑育となるのです。とではないでしょうか。それがすべての始まりとなり、緑育となるのです。
りとなり、緑育となるのです。となるのです。

これを子どもたちに伝えることが私たちの 使命ではないでしょうか。たちの 使命ではないでしょうか。
靴腓Δ。か。
/> 
>
1.txt">
緑育イメージ画像顕菫)
2.txt">
 お問い合わせ先合わせ先
r />一般社団法人 日本植木協会日本植木協会

〒107-0052 東京都港区赤坂6-4-22 三沖ビル3F2 三沖ビル3F
r /> TEL 03-3586-7361 FAX 03-3586-757777
5.txt"> 「緑育ってなにするの」覆砲垢襪痢

 緑育は緑に親しみをもってもらうために、緑の育ち方、環境とのかかわりを体感してもらう授業です。訴、環境とのかかわりを体感してもらう授業です。
てもらう授業です。業です。
br />
「誰がしてくれる授業なんですか」授業なんですか」

>
 学校の卒業生で植木の生産や流通、販売、工事、管理といった仕事をしている方たちです。もし、卒業生がいなければ、学校の近くや県内の方が対応します。方たちです。もし、卒業生がいなければ、学校の近くや県内の方が対応します。
の近くや県内の方が対応します。が対応します。

>
「地元の植木屋さんが授業をするの?」が授業をするの?」

>
 学校に通う子どもたちの保護者が授業をすることで、子どもたちは仕事により理解を深めることができます。そしてキャリア教育の側面ももっています。り理解を深めることができます。そしてキャリア教育の側面ももっています。
ア教育の側面ももっています。もっています。


5.txt"> 1.この木なんの木?んの木?
r />
 学校や、近くの公園など授業のフィールドになる場所の木を事前に調べて、その木 に関する問題を作成してオリエンテーリングのように木の名前を答えていきます。 に関する問題を作成してオリエンテーリングのように木の名前を答えていきます。
茲Δ北擇量樵阿鯏えていきます。えていきます。

>
2.樹木名板取り付け取り付け
r />
 チームに分かれて、木の名前や特徴を調べ、各チームが発表してから、オリジナルの樹名板を取り付けます。が発表してから、オリジナルの樹名板を取り付けます。
照弔鮗茲衂佞韻泙后Uけます。
br />
3.グリーンウェイブウェイブ
r />
 国連が奨めるグリーンウェーブをサポートします。5月22日、午前10時に世界中で木 を植えて緑の"波〜ウェーブ"を作ります。 0時に世界中で木 を植えて緑の"波〜ウェーブ"を作ります。
А璽"を作ります。 ります。
r />
4.植木の育て方育て方
/>
 花は育てたことはあるけど、木は植えたことがない子どもたちに、植木の育て方を教えます。ない子どもたちに、植木の育て方を教えます。
て方を教えます。えます。
r />
5.その他梁
/>
 地元の植木屋さんが、学校とお話しさせて頂き、オリジナルの授業を作ります。擦督困、オリジナルの授業を作ります。
箸鮑遒蠅泙后ます。
/>
※これらの授業での資材、 講師派遣等の費用は 社団法人日本植木協会が負担します。用は 社団法人日本植木協会が負担します。
負担します。ます。
an>

5.txt">  植木に携わる仕事を通し私たちは幸せを感じています。木は人間以上に長く生き、その時々の人間の想いを次の世代に伝えてくれます。上に長く生き、その時々の人間の想いを次の世代に伝えてくれます。
,寮ぢ紊謀舛┐討れます。てくれます。

 その想いは、花となって春の訪れを伝え、強い日差しに木陰を作り一時の涼しさを与え、紅葉に恵みの訪れを知らせ、木々の葉を落として冬の日の暖かさを教えてくれます。 これら植木の多くは、人が次の世代のために植え、育てたものなのです。 葉を落として冬の日の暖かさを教えてくれます。 これら植木の多くは、人が次の世代のために植え、育てたものなのです。
、人が次の世代のために植え、育てたものなのです。 ─育てたものなのです。
任后 。
> 私たちは、そんな人間の自然な営みを伝え育てていきたいと考えています。鯏舛┛蕕討討いたいと考えています。
┐討い泙后泙后
an>

5.txt">  現在、地球規模での環境悪化、その最大の問題であるCO2の吸収に有効な唯一の方策として挙げられるのが、植樹によって樹木がCO2を固定化することです。策として挙げられるのが、植樹によって樹木がCO2を固定化することです。
がCO2を固定化することです。ることです。

 そういった現実にありながら、現在の日本国民の多くは知識としての理解もさることながら、行動が伴っていないのが実態です。靴討陵解もさることながら、行動が伴っていないのが実態です。
っていないのが実態です。が実態です。

 私たち、緑に係わる仕事を生涯の使命とするものは、この緑の大切さを伝え、育んでいかなければなりません。海領个梁臉擇気鯏舛─育んでいかなければなりません。
なければなりません。りません。
br /> 私たちは、この伝え育む活動「緑育」を時代の要求が無くなるまで行い、社会に貢献し、使命を全うします。無くなるまで行い、社会に貢献し、使命を全うします。
使命を全うします。Δ靴泙后
span>


ホーム » 植木協会の取組み » 緑育出前授業