このページのトップへ
ホーム » 各部会告知・報告など » 新樹種部会お知らせ・ご報告など » 研修活動小委員会 第17回 新しい造園樹木研修会

研修活動小委員会 第17回 新しい造園樹木研修会

担当委員会 研修活動小委員会
報告者 対外活動事業 広報発信委員長 越川芳弘
研修会名 第17回 新しい造園樹木の研修会
日程 2019年9月3日
参加人数 89名
開催目的・テーマ) 「新樹種を生産している植木屋さんと交流しよう!〜植木の宝庫、東京立川に集まろう〜」
 2020年東京オリンピックの後に向けた緑化への取り組み事情の照会
◆‥堝發寮源左従譴任匹里茲Δ平啓種が生産・育成されているのかを現地で見学して頂く
タイムスケジュール 9:30〜受付開始
10:00 JR立川駅 出発
10:30〜11:00 (有)小林養樹園 見学・交流
11:15  (有)小林養樹園 出発
11:40〜15:30 東京都農業総合研究所 到着
11:55〜12:35 昼食
12:40〜13:30  「オリンピック後の都市緑化について」 佐藤澄人主任研究員
13:30〜14:30  東京都農業総合研究所 見学
14:30〜15:30 新樹種 スライド紹介 山 隆雄,川原田 邦彦
15:40 東京都農業総合研究所 出発
16:00〜16:30 (有)須樹苗 見学・交流
16:40 (有)須樹苗 出発
17:00 JR立川駅 到着・解散
数年前にも一度、東京の現地研修を行いましたが「違う季節にまた別の角度から見てみたい!」という要望に応えるかたちで東京都立川市を訪れました。

今回は「新樹種を生産している植木屋さんと交流しよう!〜植木の宝庫、東京立川に集まろう〜」というテーマで緑化業界関係者の方々向けに企画させて頂いたところ、89名(内、初参加69名)の多くの方の参加で、大型バス2台での出発となりました。

最初の見学地、小林養樹園では分かりやすいご説明による園内案内で、特にトピアリーアートの魅力を存分に感じることができました。

次は東京都農林総合研究所です。大会議室をお借りし、昼食の後は佐藤澄人主任研究員から「オリンピック後の都市緑化について」の演題で講演を頂き、その後研究所内見学、会議室に戻ってからは新樹種部会の紹介、プロジェクターによる新樹種の解説を行いました。質疑も多く出て、活気に溢れ且つ和やかなムードの時間を過ごしました。

最後の視察先、須崎樹苗では樹木の掘り取り作業を見学しました。初めて見る大がかりな作業の様子に参加者の皆さんは写真を撮りメモを取りながら興味津々で見入っていました。

3箇所の視察先はそれぞれ個性的な中身の濃い内容となり、研修終了後のアンケートでは参加者の方々から好評価を頂くことができました。

研修会運営に関わった皆様の協力のおかげで、トラブルも無く遂行できましたことに、心より感謝いたします。本当に皆様、ありがとうございました。