このページのトップへ
ホーム » 植木協会の取組み » 記念樹贈呈事業 » 一般社団法人 日本植木協会 記念樹等贈呈事業募集要領

一般社団法人 日本植木協会 記念樹等贈呈事業募集要領

3.txt">  本事業は、(一社)日本植木協会(以下「協会」という。)が、学校・団体等における各種記念行事等に係る植樹又は苗木等の配布(以下「記念植樹等」という。)を通じて、自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等を図り地域社会の環境改善に資するため、記念樹又は苗木等(以下「記念樹等」という。)の贈呈を行う事業です。て、自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等を図り地域社会の環境改善に資するため、記念樹又は苗木等(以下「記念樹等」という。)の贈呈を行う事業です。
め、記念樹又は苗木等(以下「記念樹等」という。)の贈呈を行う事業です。」という。)の贈呈を行う事業です。
う事業です。です。
/>
 本事業の実施を希望する団体は、以下に定める事項に基づき応募して下さい。に定める事項に基づき応募して下さい。
して下さい。さい。
/>
1.記念樹等贈呈対象者(申請者の要件)圈平柔措圓陵弖錙
錙頬
>
学校(PTAを含む。)、民間の非営利団体等の団体で、個人は対象としません。の団体で、個人は対象としません。
しません。擦鵝
/>
2.記念植樹等贈呈の対象となる取組梁仂櫃箸覆觴菫

>
 地域社会の環境改善に資する波及効果の高い下記(1)、(2)、(3)のいずれかに該当する記念植樹等の取組を対象とします。里い困譴に該当する記念植樹等の取組を対象とします。
取組を対象とします。とします。
br />(1) 記念植樹を通じて一般市民等に自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等が図れる波及効果の高い取組であることる意識高揚、普及等が図れる波及効果の高い取組であること
未旅發ぜ菫箸任△襪海箸任△襪海
br />(2) 「グリーンウェイブ」に登録することを前提とした植樹活動の取組であること鯀按鵑箸靴真⊆活動の取組であること
組であることること
/>(3) 東日本大震災の復興支援に関する植樹活動の取組であること垢訖⊆活動の取組であること
あることこと
/>(4) 協会が実施する「緑育出前授業」と一体となり苗木等を配布する取組であることとなり苗木等を配布する取組であること
組であることること
/>注;;
>(1) 「グリーンウェイブ」とは、国連及び環境省等が推進している生物多様性について子供たちと若者に教育を行うための地球生物多様性キャンペーンです。弔い道匐,燭舛伴禺圓剖軌蕕鮃圓Δ燭瓩涼狼綫己多様性キャンペーンです。
綫己多様性キャンペーンです。ンペーンです。

(2) 「緑育出前授業」とは、本協会が青少年に地球温暖化防止や生物多様性保全等自然環境の保護、緑化の役割や重要性等について学ぶ機会を提供するものです。然環境の保護、緑化の役割や重要性等について学ぶ機会を提供するものです。
て学ぶ機会を提供するものです。,垢襪發里任后

>
3.募集期間期間
/>
 年間随時申請を受け付けますが、植樹予定の2ヶ月前までに提出して下さい。(ただし、本事業予算の範囲内とします。)また、予算額を消化した場合は年度途中でも募集を終了します。業予算の範囲内とします。)また、予算額を消化した場合は年度途中でも募集を終了します。
疹豺腓惑度途中でも募集を終了します。募集を終了します。

> 詳細は、協会ホームページをご覧いただくか又は協会へお問い合わせ下さい。だくか又は協会へお問い合わせ下さい。
わせ下さい。さい。
/>
4.贈呈する記念樹等記念樹等
r />
 申請者は、協会が地域ごとに想定される記念樹等の例等を示す枋蠅気譴覽念樹等の例等を示すarget="_blank">別紙メニューニュー/a>を参考にして、希望する樹種や規格(樹高等)及び本数を選定してください。高等)及び本数を選定してください。
ください。気ぁ
/>なお、記念樹等の贈呈は樹木の現物及び樹名板とし、支柱や植栽等の経費は含まれません。弔箸掘∋拊譴篆∈賄の経費は含まれません。
牢泙泙譴泙擦鵝泙擦鵝
r />
5.応募方法(申請書の提出)請書の提出)

 記念樹等の寄贈を希望する団体は、(一社)日本植木協会々長(以下「協会々長」という。)に対して「記念樹等贈呈」応募申請書(以下「申請書」という。)を提出するものとします(申請書の様式は「記念樹等贈呈」応募申請書(以下「申請書」という。)を提出するものとします(申請書の様式は20220302_1002_42_0799.pdf" target="_blank">別添様式第1号安茖厩の通り。)。。)。
/> また、申請は、1団体につき1件とします。里砲弔1件とします。
泙后。
>なお、申請書の提出に当たっては、以下の書類を添付して下さい(ただし、学校については、(1)は不要です。)。爾気(ただし、学校については、(1)は不要です。)。
)は不要です。)。す。)。
/>(1) 団体の定款、寄附行為又はこれに相当する規約の写しこれに相当する規約の写し
の写し未
/>(2) 団体の概要(学校については生徒数等概要)が分かるパンフレット等の資料詰)が分かるパンフレット等の資料
ト等の資料了駑
/>(3) 企画書その他事業実施要項等業実施要項等


6.記念樹等贈呈対象の決定菎仂櫃侶萃

 協会は、提出された申請書及び添付資料を審査委員会(以下「委員会」という。)で審査の上、本事業予算の範囲内で贈呈対象を決定します。という。)で審査の上、本事業予算の範囲内で贈呈対象を決定します。
發蚤D菎仂櫃魴萃蠅靴泙后7萃蠅靴泙后

 記念樹等贈呈の決定通知は、申請者に通知されます。蓮⊃柔措圓膨銘里気譴泙后
譴泙后9。
/>  なお、協会々長は、贈呈を行うために必要があると認めた場合には、当該応募申請事項に修正を加え、又は条件を付す場合があります。、当該応募申請事項に修正を加え、又は条件を付す場合があります。
魴錣鯢佞江豺腓あります。があります。

 
7.記念樹の配送の配送
/>
 上記6の記念樹等贈呈の決定通知を受けた申請者は、決定通知に記載された記念樹等の樹種及び本数を配送するに当たって、協会が指定する協会々員と、配送の希望日時及び場所等について連絡調整してください。するに当たって、協会が指定する協会々員と、配送の希望日時及び場所等について連絡調整してください。
時及び場所等について連絡調整してください。⇒軣汗阿靴討ださい。
気ぁ。
>
8.申請者の負担等良蘆甘
r />
 申請者は、記念樹等の配送を受けた後は、植栽までの管理や植栽を適切にするように努め、それらの経費及び植栽後の管理経費を負担することになります。襪茲Δ謀悗瓠△修譴蕕侶佝餤擇喊∈聾紊隆浜経費を負担することになります。
経費を負担することになります。海箸砲覆蠅泙后

> 協会の責任は、記念樹等の配送までとし、その後の枯損等の責は負わないものとします。修慮紊慮和仕の責は負わないものとします。
い發里箸靴泙后7ます。
r />
9.事業完了報告書の提出等霆颪猟鷭佚

 (1)申請者は、記念樹の植栽が終了し、樹名板を設置した後、又は苗木等の配布が完了した後、速やかに協会々長に対して事業完了報告と植栽状況又は苗木等の配布状況の写真を提出してください(報告書の様式は顱皇垢紡个靴道業完了報告と植栽状況又は苗木等の配布状況の写真を提出してください(報告書の様式はnavi/20220302_1000_24_0208.pdf" target="_blank">別添様式第2号安茖温の通り。)。。)。
/>
 (2)協会は、植栽後の記念樹等の手入れ等の管理について、随時、申請者からの相談に応じます(ただし、必要な経費は、申請者が負担することになります。)。談に応じます(ただし、必要な経費は、申請者が負担することになります。)。
負担することになります。)。砲覆蠅泙后)。


10.問い合わせ先わせ先
/>
 ・(一社)日本植木協会  記念樹贈呈担当┣顱 ゝ念樹贈呈担当
菽甘当
>   〒107-0052 東京都港区赤坂6−4−22 三沖ビル3階−4−22 三沖ビル3階
ル3階崖
/> TEL:03−3586−7361 FAX:03−3586−7577X:03−3586−7577
577沓
n>
txt">
t">
問い合わせ先わせ先/a>
(お問合せフォームへ移動します)ムへ移動します)
txt">
xt">xt">


ホーム » 植木協会の取組み » 記念樹贈呈事業 » 一般社団法人 日本植木協会 記念樹等贈呈事業募集要領