このページのトップへ
ホーム » 植物園探訪記 » 古閑樹苗園 熊本県

古閑樹苗園 熊本県

今回は、熊本県阿蘇市にある古閑樹苗園さんを訪問させていただきました。熊本駅より、車にて約1時間、雄大な阿蘇山の麓に社園はありました。
圃場は、自然の形状を生かしたまさしく里山で、樹木を眺めながら、楽しめる雰囲気でした。随所に看板が用意されたり、樹木名を表示してあったりとわかりやすく、一般の方でも楽しめると思います。
季節ごとに訪れても、楽しめるのではないかと思います。
園主の古閑勝憲さんに伺いました。



■日本列島植木植物園に参加された動機は何ですか。


植木を生産して30年。
お客様から求められるものは、樹形が整い、まっすぐで下枝のあるもの…。それはもちろん役所用樹木に必要な要素です。
しかし一方、里山に自生するあるがままの姿にこそ樹木本来の良さがある気がして、その良さを少しでも多くの方に知って欲しいという思いがありました。
そんな時に日本列島植木植物園事業が発足し、自然形の樹木を使って「古閑の雑木林」を作ってみようと思いました。
少しでも多くの方に雑木の良さを伝えていく事が、当社の喜びでもあり使命だと感じております。
ClipboardImage

■参加されての感想はいかがですか。
雑木の良さをわかってもらうには、現物を見てもらうのが一番。言葉での説明や写真よりも説得力があります。

■他社園にはない、自社園の特徴や見所はなんですか。
やはり阿蘇の在来の雑木を活かした点だと思います。
また、散策する中で「感じる」をテーマにしたゾーンを設け、この地の歴史や会社の歩み等と植物園を絡め、看板で案内しておりますので、より植物園を楽しみ「感じて」いただけたらと思います。

■定期的な催し・イベントはありますか。
植物園の存在をより多くの方々に知って頂くためにも、今後私どもも何か企画していきたいと検討しております。
できたら植物園をながめながら、当地の山水でいれたコーヒーでも飲めるような喫茶店、もしくは当地生産のそばを食べられるようなそば屋を作ることが出来ればいいなと思っています。

■日本列島植木植物園に今後、期待することはなんですか。
テレビや雑誌など、メディアを通じてのアピールをもう少し行っても良いかと思います。
まずは、より多くの人に植物園の存在を知ってもらうことが大事だと思います。
また、全国で日本列島植木植物園事業に参加している方すべての植物園において、統一のイベントを企画するのもいいのではないかと思います。

■来園者への一言をお願いします。
季節ごとに違った趣を見せてくれる雑木林に、ぜひ何度もおいで下さい。


ClipboardImage
ClipboardImage
ClipboardImage
随所に設置された案内板で来園者が楽しめるように工夫されている
ClipboardImage
園内からの素晴らしい眺め
ClipboardImage
里山をイメージさせる園内
ClipboardImage
阿蘇の在来の雑木を活かした園内
植物園情報 詳細はこちら
社園情報 詳細はこちら
日本列島植木植物園とは
全国の植物園
植物から植物園を探す
こんな植物を見に行きたい
見頃植栽から植物園を探す
各地からのお知らせ
植物園探訪記
誕生日の木
都道府県の木
お問い合せ
6/22

ラベンダー