このページのトップへ
ホーム » 植木協会の取組み » 記念樹贈呈事業
〜「記念樹等贈呈事業」希望者の募集〜
 森林や都市における緑の保全に関しては、生物多様性の観点からも、地球温暖化・ヒートアイランド現象の緩和対策としても、社会的関心が高まっています。
 また、緑化の効果は、市民に季節感を与え、豊で潤いのある暮らしを提供するなど国民生活に安全・安心の実現に重要な役割を果たしています。これらの緑の重要性を広く普及啓発するため、国民参加型の緑化運動を展開することが望まれています。 
 (一社)日本植木協会は、庭木から街路樹、公園樹等の樹木や植物を提供するために、植木を生産・育成・出荷している生産・流通業者の団体です。学校・団体等における各種記念行事等に係る植樹又は苗木等の配布(以下「記念植樹等」といいます。)を通じて、自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等を図り地域社会の環境改善に資するため、「記念樹」等の贈呈を行う事業を実施しております。
 「記念樹」等の寄贈を希望される方は、募集要項をご一読の上、申請書をダウンロードしてご応募下さい。



記念樹等贈呈事業募集要項

問い合わせ先及び資料請求先
(お問合せフォームへ移動します)

植木の植え方、支柱のつけ方、剪定のポイント
(リンク先で教材サンプルをご覧いただけます)

●贈呈実績(一例)


2015年5月28日、新潟大学附属長岡小学校さんにトチノキとサクラを贈呈しました

2015年5月28日、新潟大学附属長岡小学校さんにトチノキとサクラを贈呈しました

1/2成人式 記念植樹でご利用いただきました。
今回植樹される皆さんが生まれた年は中越地震が発生した年、あれから10年が経過したという節目の年でもあるとのこと。
記念樹や樹名板が届いた日、生徒さんたちは大興奮して教室内まで木を運び入れていたそうです。
今は水やりに励んでいるとのこと、今後大切に育てていただけそうです。
 
〜 主幹教諭寺井昌人先生からのお手紙 〜


 このたびはサクラとトチノキの苗木を頂きまして、大変ありがとうございます。
 中越地震から10年目、現5年生の子もちょうど10歳だったということで、心に残る植樹をすることができました。木の苗木を見ることや植樹体験が初めての子が多く、興味や関心を持ちながら、丁寧に植樹をさせて頂きました。本当にありがとうございました。


 本事業は、(一社)日本植木協会(以下「協会」という。)が、学校・団体等における各種記念行事等に係る植樹又は苗木等の配布(以下「記念植樹等」という。)を通じて、自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等を図り地域社会の環境改善に資するため、記念樹又は苗木等(以下「記念樹等」という。)の贈呈を行う事業です。

 本事業の実施を希望する団体は、以下に定める事項に基づき応募して下さい。

1.記念樹等贈呈対象者(申請者の要件)
学校(PTAを含む。)、民間の非営利団体等の団体で、個人は対象としません。

2.記念植樹等贈呈の対象となる取組
 地域社会の環境改善に資する波及効果の高い下記(1)、(2)、(3)のいずれかに該当する記念植樹等の取組を対象とします。
(1) 記念植樹を通じて一般市民等に自然環境の保護、緑化に対する意識高揚、普及等が図れる波及効果の高い取組であること
(2) 「グリーンウェイブ」に登録することを前提とした植樹活動の取組であること
(3) 東日本大震災の復興支援に関する植樹活動の取組であること
(4) 協会が実施する「緑育出前授業」と一体となり苗木等を配布する取組であること
注;
(1) 「グリーンウェイブ」とは、国連及び環境省等が推進している生物多様性について子供たちと若者に教育を行うための地球生物多様性キャンペーンです。
(2) 「緑育出前授業」とは、本協会が青少年に地球温暖化防止や生物多様性保全等自然環境の保護、緑化の役割や重要性等について学ぶ機会を提供するものです。

3.募集期間
 年間随時申請を受け付けますが、植樹予定の2ヶ月前までに提出して下さい。(ただし、本事業予算の範囲内とします。)また、予算額を消化した場合は年度途中でも募集を終了します。
 詳細は、協会ホームページをご覧いただくか又は協会へお問い合わせ下さい。

4.贈呈する記念樹等
 申請者は、協会が地域ごとに想定される記念樹等の例等を示す別紙メニューを参考にして、希望する樹種や規格(樹高等)及び本数を選定してください。
なお、記念樹等の贈呈は樹木の現物及び樹名板とし、支柱や植栽等の経費は含まれません。

5.応募方法(申請書の提出)
 記念樹等の寄贈を希望する団体は、(一社)日本植木協会々長(以下「協会々長」という。)に対して「記念樹等贈呈」応募申請書(以下「申請書」という。)を提出するものとします(申請書の様式は別添様式第1号の通り。)。
 また、申請は、1団体につき1件とします。
なお、申請書の提出に当たっては、以下の書類を添付して下さい(ただし、学校については、(1)は不要です。)。
(1) 団体の定款、寄附行為又はこれに相当する規約の写し
(2) 団体の概要(学校については生徒数等概要)が分かるパンフレット等の資料
(3) 企画書その他事業実施要項等

6.記念樹等贈呈対象の決定
 協会は、提出された申請書及び添付資料を審査委員会(以下「委員会」という。)で審査の上、本事業予算の範囲内で贈呈対象を決定します。
 記念樹等贈呈の決定通知は、申請者に通知されます。
  なお、協会々長は、贈呈を行うために必要があると認めた場合には、当該応募申請事項に修正を加え、又は条件を付す場合があります。
 
7.記念樹の配送
 上記6の記念樹等贈呈の決定通知を受けた申請者は、決定通知に記載された記念樹等の樹種及び本数を配送するに当たって、協会が指定する協会々員と、配送の希望日時及び場所等について連絡調整してください。

8.申請者の負担等
 申請者は、記念樹等の配送を受けた後は、植栽までの管理や植栽を適切にするように努め、それらの経費及び植栽後の管理経費を負担することになります。
 協会の責任は、記念樹等の配送までとし、その後の枯損等の責は負わないものとします。

9.事業完了報告書の提出等
 (1)申請者は、記念樹の植栽が終了し、樹名板を設置した後、又は苗木等の配布が完了した後、速やかに協会々長に対して事業完了報告と植栽状況又は苗木等の配布状況の写真を提出してください(報告書の様式は別添様式第2号の通り。)。

 (2)申請者は、植栽後1年目の「5月4日みどりの日」前後に撮影した写真を協会々長に提出してください。
 (3)協会は、植栽後の記念樹等の手入れ等の管理について、随時、申請者からの相談に応じます(ただし、必要な経費は、申請者が負担することになります。)。

10.問い合わせ先
 ・(一社)日本植木協会  記念樹贈呈担当
   〒107-0052 東京都港区赤坂6−4−22 三沖ビル3階
TEL:03−3586−7361 FAX:03−3586−7577

問い合わせ先
(お問合せフォームへ移動します)


ホーム » 植木協会の取組み » 記念樹贈呈事業